母の女の生甲斐であった。

子どもたちを三名ずつの二つのグループに分けた。

経済的にも時間的にも余裕が出てき子どももせいぜい二、三人だ。子育てのウエイトが母親のほうにかかってくれば、母親も自然と責任を重く感じるようになる。お父さんは、子どものことについてあまり口出ししないでというようなことになる。物理的にも心理的にも母親は家の中で、昔とくらべるとずっと強くなり、自信を持つことになるひいては、知らず知らずのうちに父親を軽視するような態度になってくる。
きというものだ。
これは自然の成りゆ昔の父親は確かに力があるように見え、外面的にも威張って見えた。

子どもに辛抱させようと思っているその偉さの一面は作り上げられた偉さでもあり、その結果、父親自身も自らが偉いと感じるようになった。
昔は、家族がいる限り父親がいきなり玄関に出ることはなかった。
子どもなり、お手伝いさんか誰かが代行してお取り次ぎします
と言ったのである。
それだけでも、何となく偉く見えた。
今はそれを代行するものがいなくなったので、玄関にいきなり父親が出て行くというわけで、欠点も、隠しておきたいことも全部あらわにさらけ出されてしまう。そういう状況を凄も、子どももまのあたりに見てしまう。昔の父親でも、ワンクッション置かないで、すべてが直接さらけ出されてしまえば、なんだこんな父親だったのかと思われかねなかったかもしれない。

  • 高校時代は徹底的に遊び徹底的
  • 母さんの姿は見る目に快いものです。
  • 勉強できる。

育て方をしておいて

勉強は三十分しかしてないそのワンクッションが取り除かれてしまったのが現代の姿だ。核家族になってから、父権の防御線がぜい弱になってきたのだ
このことは、精神科の患者が表面的に増えたことにも通じる。昔の大家族だったら、軽い病気などは家族の間にうまく溶け込んでしまって、それなりに対応できたのである。自然にみんなで包容してやり、あまり大事に至らずにすんだし、本人も心理的にそれに対応することができた。
ところが、いま三人か四人の家庭で精神科の患者が一人出たらどうなるか。家族はただあわてふためくばかりで、適切な手ひとつ打てず、仕方なく病院に頼ることになる。そのために、たいそう患者が増えたように思えるのである。

子どもは大人になるためのひとつの段階ではない。-家族がお互いに名優になればうまくいく父親の権威の回復はどうしたらよいか、という問題があるが、それには、父親自身が意識的に努力するというのが基本線だ。しかし、周囲でつっかい棒をするというか、肥しをやることもまた大事なことだ。周囲で父親の特権を援護し、もり立ててやらねばならない。それを母親が父親をけなして、父親の代行という顔をして得意げになり、いい気持ちになっていることは感心しない。結局これは母親が自分自身の首を締めることになる。決して利口なやり方とは言えない。
やはり、父親をみんなで守り立てて、いかにも強そうに見せるのがよかろう。たとえ張子の虎でも、いいのだ。

学校を出ることが偉くなる条件だ

そのように周囲でつっかい棒をするということは、結局は自分たちの自己防衛にもつながることになるわたしは人間同士のつき合いは、お互いが名優になることによって、うまくいくのではないかと思っている。同じ屋根の下に住む家族とても例外ではない。家族もみなお互いに名優にならねばならぬ。一家のつき合いもまた一種の芝居であるからである。芝居といってもいいし、また化かし合いといってもいい。
姑はヨメを天下一のヨメだとおだてればよい。
は夫をほめたたえればよい。
夫は凄に、たえず愛の言葉をささやけばよい。
凄これでお互いが満足して万事うまくゆくはずだ。

母が家にいるという

子供をほめるだが、人間はそれほど単純ではないし、心理的抵抗がこれを阻むから、そう簡単にことは運ばない。第一、人間にはプライドという厄介なものが宿命的に存在しているからめんどうなことになるまあ、要するに、その抵抗を排除して、ドラマをどの程度、推し進め得るかが問題なのだ。
原則として、お互いの欠点をあばき立て、それを追及し、責めるより、お互いの長所やいい点をほめ、たたえ、おだてたほうが、人間は心安らぎ、進歩の道をたどる錦鯉は長命だそうである。公認世界記録はわが国、白川郷のそれで何と二百五十三年ということだ。これはエラかどこかに、樹木でいえば年輪のようなものがあってわかるのだそうである。その道の人は、鯉の長命は、怒らず、ケンカせずからきているという。鯉は十日も餌をやらなくても、あせらず、イライラせず悠々と泳いでいるだが、犬の寿命はたった十六年くらいだという。犬はよく吠え、だし、この説は鯉の好きな人から出たものだからアテにならないよくケンカするかららしい。
た-父親の威厳は強すぎもせず弱すぎもせずが大事四十代、五十代のサラリーマンに帰宅拒否症
が増えてきているという。これは勤めが終わっても家に帰りたくないという心の病で、本田靖春さんが現代一九八九年四月号でルポをしているので引用させていただく。


子どもに辛抱させようと思っている 母子がいっまでも密着しすぎている 子どもがどうしてこわがる