高校くらいは卒業していないと困るといった考え方

子どもが動かなくなるどころ

ケンカを通して彼らなりに社会わたしは中学時代、修学旅行の途中で大出血を起こし、列車を臨時停車させてしまったことがある。恥ずかしい話だが、その出血の理由は、旅行の前に級友とケンカをし、殴られて鼻の血管を切ったことであった。
ケンカの理由は、今となっては思い出せないきつとわたしが何か怒らせるようなことをしたのであろう。あの時の痛みはたまらないものだったが、わたしは殴った友達を憎むとか恨むというよリも、むしろわたしのほうが悪いという気持ちで一杯だった。
というのも、彼はわたしが当然よけるものと思ってパンチを出したにちがいない。しかしどうもわたしは運動神経が鈍く、そのうえぼんやり型で、実に見事にパンチを食らってしまった。

中学から高等おそらく、出血のすごさを見て殴ったほうがびっくりしたのではあるまいか。しかし、当然ではないことをして不必要にことを大きくしたのはわたしである。当時の中学生のモラルでは、この場合はむしろわたしのほうが悪いことになる。
すでにちょっと触れたが、わたしは耳鼻科の医者がとめるのもきかずに、修学旅行に参加した。
夜行で東京駅を出発したが、静岡あたりで再び出血が始まり、こんこんと止まらなかった。伊賀の上野にさしかかった頃、胃の中にたまった血液を大量に吐き、気を失って緊急下車させられた。その時の騒ぎは、今でも思い出すたびにアブラ汗が出るこれがもし現在の中学校だったらどうであろうか。ケンカでわたしが出血した時点で大問題になるのは間違いない。殴られた側が学校や殴った生徒を相手どって訴訟を起こすかもしれない。学校側は、ケンカ両成敗という基本セオリーなど無視し、殴った生徒だけ処分するだろう。また、殴られたわたしが修学旅行に参加することなど許すはずがない。
しかし、当時はそういう動きはまったくなかった。先生にはひどく叱られたが、問題はおおげさにならなかった。お陰で、わたしは友達も失わずにすんだ。わたしを殴った友達とは今でもときどき会っている。

  • 育てているでしょう。
  • 大学をとても受ける気力がなく
  • 母さんはどんな夢が見たい?

子ども自身でもありません。

子育てという夫婦ケンカとは、元来きちんとしたルールにのっとって行なわれるフェアな行為で、最近のいじめのような卑劣なものとは根本的に性質が異なる。文部省などはそれに気づいたのか、けんかのすすめという小冊子を出しているほどだ。
考えてみれば、親や学校をとび越えて役所がケンカをしなさいとすすめること自体おかしいが、本来教えるべき父親がケンカ道というか、ケンカのルールを教えていないのだから仕方がなぃ。
わたしなりにケンカのルールを簡単にあげてみよう。まず、ケンカは正々堂々とやれ。ケンカは1対1が原則。ケンカは素手でやれ。相手に反撃の機会を与えろ。真正面から勝負しろ、最後までやるな、といったところだろう。ケンカを通して、子どもは肉体的にも精神的にも成長していくという面もあるのだ。
そういった意味で、椎名誠さんのプロレスごっこは上手いやり方だと思う。ケンカのルールを子どもに体得させるだけでなく、父と子のコミュニケーションも図れ、一石二鳥というべきだろう。
父親は気遣いと頑固さを使い分ける
-時には父親から子どもに共通の話題をつくれ父と子のコミュニケーションをどうやって図るか、というのも重要な命題である。わたしはいささか怖い思いをし、お説教をされて育ったので、お説教は好きでないおおげさに言えば、拒否反応がある。

子供は親の姿をうつす鏡ですしたがって、子どもに説教をしたことはほとんどない。
食事などで顔を合わせるときの話題は、結局趣味のことになる。共通の話題をしゃべっていることが、コミュニケーションの基礎である。むしろ、そのほうが親にも安心感があるし、子どももおそらく同様であろう。日本人同士の挨拶はほとんど天気のことから始まる。この話題が最も安心感があり、お互いの利害とは関係がない。
子どもも大学生くらいになると、そんなに気を遣わなくてもいいのだが、中学生から高校生ぐらいにかけては、不安定な時期なので、父親としてはある程度努力する必要があるだろう。中学生の子どもに株の話など本人と無関係な話をしても仕方がなし。やはり父親と子の対話というのは共通な線を持たなければいけない。子どもは社会が狭いので、学校の話とか、プロ野球の話ぐらいしかできないのであるから、父親はそこへ自分を合わせる必要がある。ただし、これは父親が子どものレベルに身を落とせというのではない。
それが父親としての一つの努力で、あまり知識がなくても、うまくそれに合わせるようにするのが大事だ。そのためには勉強しなければならないこともあるだろう。

子供のノート

野球のヤの字も知らない父親でも、新聞のスポーツ欄ぐらいに目を通して、選手の名前の一人や二人は知る必要があるだろう何もそこまでやる必要はないのではないか、という人もいるかもしれないが、子どもがある年齢になるまではそのようなことも必要ではあるまいか親子の精神的絆をつくるには、そこから入っていくべきだ。
父親が努力をするほうが、しないよりはるかにいい。
子どもと共通の話題を持つようにやす-父親は易きに雷同しない姿勢を保つテレビはよくないと人はいう。タレントの加山雄三さんも、同じように考えたのだろう。テレビについて、こう、言っている。

ぼくはテレビについて考えるところがあり、わが家の育児は子どもにはテレビを見せない
からはじまりました。

教育するのか知識を教える

子どもが欲求不満になっている第一、忙しい父親が帰って来ている、あるいは日曜日に在宅しているというの子どもがテレビを見ているなどはよくないことです。だからぼくは子どもたちに、家では絶対テレビを見せませんでしたところが、子どもが幼稚園に通うようになって、問題になったのです。お宅ではテレビを見せないのですか。お友だちと話が合わなくて困っているようですよ。父母会で言われました。なるほど、そういうこともあったんだな。幼稚園の目的は集団を知るところにあるのに、友だちとコミュニケートできなくては、それもまずいよなあ。夫婦で出した結論は、ビデオテレビを買うことでした
子どもたちが集中的に見ている番組をビデオに撮る·ぼくがいなくて、女房が家事をしている時間帯に見せる
子どもはテレビを見たことになり、友だちとも話ができる


中学から高等 中学から高等 母子がいっまでも密着しすぎている

子どもに辛抱させようと思っている

子どもが好きなのです。

中略そういうわけで、私は人生を楽しむことになるだろうそして、心憎い最後に著者は君の父親であったおかげで、すばらしい人生だった
と結んでいるのが父親とは、子どもにとってどういう存在であるのか、世のオヤジたちはそれぞれに悩んでいる,
とであろう。父親が子どもに残してやれるものとしては、すぐに財産や会社など形のあるものが思いつくかもしれないが、それ以上に、子どもの心に何を残してやれるかが問題である。それは日常の生活態度、時にさりげなく示す子どもへの気遣いなどから、子どもに伝えられるものである。
人間である以上、子どもに対しても決して間違わないということはなかろう。しかし、わたしは父親たちよ、自信を持って生きようと言いたい。父親が自信を持って生きる姿が、子どもに生きる自信を与えるはずである。

なぜ心が揺れるのか

相談から二年が過ぎて届いた手紙カウンセリングという仕事は、相談はありません。

母親にはなかなか実現しにくい役割です。

そういう役立ち方もないではないですが、かかるものです今日相談に来られて明日効果があるという性質のもので多くの場合は効果があがるまでに月日の例えばこれは、カウンセリングから11年もたったある日に、相談に来られた方から届いた手紙です
ただし、いただいたそのままのものではなく、何例かを参考にして私が再構成したものだということをおことわりしておきます。なにしろ、相談の鉄則は、個人のプライバシーを守ることがその第一です。この本でも実例をそのまま述べるわけにはいかないのです。
なんといっても、私のところへやって来て相談したことが役に立ったのだと言ってくださることほど、私自身への力づけはほかにありません。
はや今年も日中は汗ばむ季節となりました。先生のところに三度ばかりお伺いしてからもう一年が過ぎ、あの頃、中学で不登校を続けていたわが長男は、今はとにもかくにも高校に通っております振り返ってみて、本人もそして私たち両親も、それなりの体験を越えてきたのだと思いますもっと早く近況をお知らせしなければいけなかったのに、申しわけありません。

 

子どもにとって生き方の大きな岐路になります。

母さんがみてくれなくては困る幼稚園ではどうか?

でもその一方で、こんな気持ちで出せる手紙だからこそ書く私の思いが素直にこもるのだと思えば、なお便りのできる日が来たものだと胸がいっぱいになります。
よくこんほんとうに、その節はありがとうございました。相談のすべてを録音して持って帰らせてくださった三本のテープ。何度も何度も聞きました。ご本も繰り返し読んでみて、今やっと思春期の男の子の気持ちが、自分につかめたという気がしております。
これから先、まだなにがあるかわかりませんが、当人の気持ちを親が先に立って導いていこうとするよりも、一緒になって喜んだり悲しんだりしてやればいいのだということが、よくよくのみ込めたように思うのです。
おうとげ昼夜逆転し、閉じこもり、嘔吐や下痢を繰り返し、あの頃は親も目の前が真っ暗でした。
頭で解決策を考えめぐらすよりも、子どもの辛さをわかってやること。子どもがア、親がわかってくれている!したねと気づくような親のほうからの穏やかな表現が必要と、教えてくださいまわからせよう、教えようと力むことでなくて、その違いが、まるでわかりませんでした。

教育を受けているのである。わかってみよう、感じてやれたという態度へ。
ある日の深夜です。
き、枕とふとんを抱えて、あの子が私の寝ているそばに立っているのを見たとそれまでは私とあの子の間を遮る壁があったのだとはじめて身震ったらいいのか、なんといしながら気がついたのでした。
どうしたの?
と、いぶかる声で問わなかったのですよ、先生。
テープで
質問はしないこと。ことばで答えさせるのではなく、行動を読み取ることが大切。
どう読み取ったか、こちらがそれを態度で示すこと
と聞かせてもらっていて、それがどうにも実感でわからなかったのに、その夜、文句なしにそれができたように思います。
子どもの幸せをつぶすのです流され型私たち日本人
子どもの幸せをつぶすのです流され型私たち日本人

母が働らいていて

子どもだからこそ備えている触覚もあるのです。忘れられません。
あの子の思いが、なにか少しわかりそうという気がして、入る余地を無言であけてやりました。
自分のおふとんをずらしてあの子の互いにひとこともことばはいりませんでした。
スースー寝息を立てたのでした。
あの子はエビのようになって、やがて私の脇であの夜以来、ポツリポツリとあの子が私に話してくれるようになりました。
とにかく学校に行くことだけが問題の解決だ、とばかり考えていたのが、とんでもないことだったと、それからようやく親の私にもわかってきたのでした。
思えば、先生のところに私が伺うまでの中学二年の夏の荒れ狂い。

母乳が栄養に富んでいるからと言って

あの子の精神が異常になったのではと思うほどで、いっときのひどさがおさまってからも、あの子が怖い感じでしたが、先生のおっしゃった事を憎んで人を憎まずが人間の本性だというお教えで、不安が消え、親のほうが率直に素直に振る舞えるようになりました。あの子がお母さんが変わった
と言ってくれたときのうれしさは、とてもことばに表わせるものではありません。
この手紙はまだもう少し続きます。
私は、相談は種を播く仕事だとまたしても確認し直します。
実るのは、ずっとあとなのです。子どもの違そのうえ


幼稚園ではどうか? 母の女の生甲斐であった。 子どもに辛抱させようと思っている