子どもの生活

勉強をしてもらいたいという

父が普通の人よりはるかに敏感な感受性を持った人だとすれば、青山にどうしても行きたくない理由は、純粋に感情がもとになったのではなかったかと考えられるのだ。父にとって青山はあまりいい思い出の土地ではないのではないか。ヨーロッパから帰ってみれば、病院は焼け跡になっており、高利貸しに借金までして大変な苦労をしてやっと再建する。しかし、精神病院の院長というのは悩みや心労が絶えることがない。何かあれば役所に呼びつけられて、小言を言われる始末書は取られる、管理体制がなっていないと叱られる。
その間に友人の芥川龍之介が亡くなる、島木赤彦が亡くなるなど、いやな思い出ばかりだ。そして、とどのつまり営々として再建した青山と世田谷の二つの病院と自宅が一夜にして戦災で灰になってしまった。

高校くらいは卒業していないと困るといった考え方父はとうとう焼け跡を見ていない。昭和二十二年に疎開先から東京に帰ってきてから、がすすめても青山を見に行くことはしなかった。見るのがいやだったにちがいないわたしいま考えると、父は動物的な感覚の強い人だったと思う。病院の経営に関する細かいことは副院長、事務長に任せきりだったが、基本的な先を見る感覚はひょっとするとかなり鋭かったのではなかったかと思う。もし父が賛成して、わたしが青山に病院を再建していたらどうなっていただろうかと思う。
入院患者は別として、通院にあまり交通の便がよくない。青山通りからだいぶ入り、高樹町からもずっと奥に入る。裏手は青山墓地だ。現在は環状四号線が下を通っているが、それが出来たのもオリンピックのあった昭和三十九年のことだ。周囲の道は、わたしの子どもの頃はなかなかの道路だと思っていたが、今見ると一方通行の狭さである。住宅地としてはいい場所だが、病院を経営するところとして、果たしてよかったかどうか疑問である。今の四谷を選定したのは父であるひょっとすると父はなかなか先を見通していたのではないか、と思うゆえんである青山はいやだと父が言ったあと、わたしは世田谷に住んだ。

  • 父親が解決のために積極的に乗り出してくれる
  • 父親をほめたら次
  • 子どものうちから習わせたほうがいいです

子どもに代って取り戻す努力

母親が何をさしおいてそして市ヶ谷とか、京王線の明大前、品川など、ずいぶんあちこち見て歩き、将来の拠点を探していた父はどこを見てもダメ
と言って首を横に振っていたが、今の四谷に来たら
いいぞと言った。このひと言で決まった。
ある著名な学者の住まわれた土地だった。お蔵だけ残る焼け跡だった。その先生は自分は今後は官舎住いでいいと言われ、その土地をいただいたわけである。今考えてみると適切な判断だったととにかく、四谷から明治神宮外苑まで全くの焼野原で、さえぎるものは何もなく見通せる。当時は車一台通るでもなく、都電はたまに通っても家の前の停留所は廃止になっている。売家や土地を見ても、わたしはどうも見てくれについひかれてしまい、最初は、こんな場所で、と思ったが、今になってみれば、こんな便利な場所はない。道路は広い環状四号線に面している。青山に再建していれば、今ほどの発展はなかったかもしれない。父の動物的なカンに感謝するばかりだ。そしてこがその後東京郊外に病院を発展させていった拠点となった。
昭和二十二年に父が東京に帰って来て、すでにわれわれが住んでいた世田谷の家に合流したラバラになっていた一家がまとまったわけであるその後、父のために必死に頑張って、戦後の困難な時期に箱根の別荘を人手に渡さないですんだとき、父はすでに箱根に行くだけの体力はなかった。

学校の間を往復するだけですそして昭和二十八年に四谷で死んだ戦後は、もう好々爺という形容が父には似つかわしかった。父の鋭さ、恐ろしさはすでになく最晩年は好きな鰻を人からもらえば、ただ子どものように喜んでいる父であった
父親の威厳が家族を支える
-家では影が薄くなった現代の父親家には一人こわい人をつくっておかなければいけない
が、,父親のことを言っている。
文化人類学者の中根千枝さんの祖母よく言っていた言葉だそうである。
もちろんここでいあるじうこわい人とは、一家の主ところが、戦前と戦後の民法の違いが、戦後はだんだんと父親が弱くなってきた。
この第一の理由としては家の崩壊がある。
決定的なものになった。

体験しないわけにはいかないそのうちやがて

旧民法第八七七条r子ハ其家11在ル父ノ親権ニ服ス
現民法第八一八条r親権は、父母の婚姻中は、父母が共同してこれを行う……戦後は男女同権の立場から、戸主制も廃止され、親権も父ノ親権から父母共同
に変化した法律的にも社会環境からいっても、当然戦前、戦中の父親のように家長権を行使する条件が、戦後なくなってきたということである。家族という単位一つ取り上げてみても、核家族化が進み何世代もが同居するという家庭が少なくなった従来は大家族で、父親というのはピラミッドの頂上にあって裾野がずっと拡がり、父親自身も偉いと自分で思うが、周囲もまた自然に盛りたてた。中根千枝さんが、インドで三十人五十人の大家族の家長に何人か会ったとき、父権という言葉が本当にぴったりする父親であったという。つまり大家族の頂点、としての責任感と包容力が父親の人物を大きくするのであろう。
二つ目には、現代の父親は家にいる時間が昔の父親より少なくなってきたこともある。

教育についての国際比較調査を行いました。

母さんがやってきてくれる戦後の高度成長期前後から、日本は完全にサラリーマン社会になったと言ってもいいだろう。サラリーマンというのは、自営業の人と違って一日中家にいるわけではない。むしろ職場にいる時間のほうが家にいるより長かったりする。自ずと子どもとの接触が稀薄になるまた、今までは自営業は住いと職場が一緒になっているのが普通だったが、このごろは自営でも通いの人が増えてきた。たとえば、開業医がそうである。診療所など、以前は職住が一緒というのが普通だったが、近頃は通いのケースが多くなってきた。ビルのクリニックへ自宅から通うケースいわばサラリーマン化だそういう人が増えてきた、ということで父親がサラリーマンはもちろん、普通の自営業の人も、家にいる時間が大いに減ってきた。
父親が外で働く時間が増え、そのギャップを埋めるために、た母親の力が強くならざるを得ないことになった。


高校くらいは卒業していないと困るといった考え方 高校時代に少々野球をやりましたが雨の日監督 高校時代に少々野球をやりましたが雨の日監督

成長の限界につながってしまう可能性もあります。

大学卒って言ったって

双方の感謝や喜びにならない仕事がありすぎるようだと、その社会はゆがんでいるのだといえるのではないでしょうか思春期は心身の成長発達がいちばん激しく活発な時期で、つまり、心と体の変化が自分でも驚くほど大きくて、それがまたどの面も一様に変わっていくのではない、ある面だけが急に変化するというバラツキやムラがあるために、心にも体にも平衡感覚が保ちにくいところがあれこれと多い。
当人が面食らってしまうのですね。
自分だけがなぜ、どんどん目立って背が高くなっていくのだろうとか思うとき、が気になってたまらない。
そのことばかり実は骨が伸びるとそれだけ動きが強く大きくなるのに、筋肉はそれに伴って強くならないのでアンバランスが生じて体の故障が起こるということもありがちです。

指導の専門家に任せるのが正解

それでむしろ
弱くなったと自身があわてたりするのですね。
また、世の中の不合理や不公平について考えはじめると、頭がいつもカッとしてしまいます。ずるいことをして大儲けする人がいる一方で、誠実に働いても働いても生きづらいという人たちがいる。そういう不公平·不平等に、とても無感覚でいられないのが、思春期の心の特徴といっていいでしょう。ものの動きについ今の反射神経で対処しきれなくて、友だちとのやりとりについていけなくなったりするものです。
あれやこれやで、自分の心と体のいろんな面の不調やひずみが気になってたまらない。今まで考えたこともないことを考えて、結論が出なくてうんざりしたり、感じたこともない自分の弱点が気になって、人の目を気にしたりする。
自分と他人を比べて、いろんな点で自分だけ違うのではないかと気になってたまらない。
そういうときの子どもの目は、むしろ物事を鋭く正確に見抜いているものです。

 

子どもにへりくだることがどうして

幼稚園に通うようになって問題になったのです。子どもの生活

私は、あらゆる階層あらゆる職種の人たちが、どの程度自分の今ある位置づけに満足と感謝を抱くかが、社会の文化の高さ低さなのだということ……平生からそのことを思い続けています不当な搾取や横着なひとり占めのない、が大変なことです。
私たちの住むこの国は結構工夫の上に工夫を重ねて、労働と報酬の公平な分配ということは、とてもじゃない一億二千万余という地球人口の約五〇分の一を擁する世界有数の大国にしてはいい線をいっていると思います。

子どもの何かに役立つと考えてのことでしょう。とはいっても、世の中、具体的に見ればいろんなゆがみ·ひずみがいっぱいです。一般に、子どもの時期を脱してちょっと世間が見えてくる頃、つまり思春期には、腑に落ちないことや、わけのわからないことだらけに思えてくるのですね。
かくあるべしと学校や親が押しつけてくる規制,規約に、了解できないことがありすぎるし世間のいろんな現象を見ると、逆にしたい放題の出鱈目がまかり通っている現実というものがれもまたありすぎるように見えることでしょう。
でたらめけんたい思春期は、感情の起伏や倦怠、閉じこもりや逸脱行動など、あれやこれやが無秩序,無節操にあふれ返りがちな年代で、見守る親は泡を食ってしまうのですね大変な時期が過ぎてしまえば、いったいどんなことであったのか、はようやく息をつくことができる。
母さんなど
母さんなど

しつけをしましょう江戸時代には江戸時代

しつけをしなければならない。全体が見えてもくるので、親渦中にある間は、この子はなにもかも総崩れに壊れてしまったのだ、しがれたりして、それは大変なものです。
というような絶望にうちひ結局、人間、落ち着いて暮らせるのは世の中ってまあこういうものさ。人生なんてこんなものだろうという一応の納得というか、心のおさまりができるからなのですが、不安定な思春期の頃の思いというものは、到底そんな納得なんかできるはずもなく、なにもかもが腑に落ちないことだらけなのです。思春期の目線で大人も一度、一緒に世の中を見直す必要があるのですね。
責めたい気持ちをぐっと抑えて言っても言っても、こちらの言うことはなにも聞かない。
なにもかもいい加減で、学校のことなどはすべて放りっぱなしになってしまっている。

子供はちゃんとそれを感じています。

こんなままで黙っていてほんとうに大丈夫なのかしら?と、親は心配で心配でたまらない。
こういうときの親の態度についての鉄則!それはどうしてこんなことになったの?
だの、いったいどういう気?
だのと感情的な問い詰めでむかつかせたりわが子をなじり倒さないこと。それでは単に、すねさせたり、反抗,反発の言動を起こさせるばかりですからねひねくれさせたり、本人の行動を責める前に、世の中全体を子どもの目線でクールに眺めてみるのです。あまりにもいろんな点で世の中は不公平で、いい加減で、だらしないのですからねえ。
どうしてこんな不合理がまかり通るの?と首をかしげざるを得ないことばかりですからねえ。子どもの価値を創造していこうという気持ち


子どもの生活 成長の限界につながってしまう可能性もあります。 幼稚園ではどうか?