高校時代に少々野球をやりましたが雨の日監督

母乳ですくすく育って行くよう

旅行メモには、文章を書くより、絵で表現してしまう傾向が多くみられるやせん疎開中にどうしても茶筅がほしくて、知人9%君に、茶筅を手に入れて送ってほしいという手紙を書いているが、茶筅という単語が出てこないとみえて、そこに茶筅の絵を描いていることに外国旅行の日記などには、スケッチがしばしば描かれているその好きな絵もそれまでは多忙のため描けるような状況ではなかった。
ところが、疎開先で気持当時ちが安らかになったときに、突然絵を描き出したのだ。昭和二十一年、敗戦の翌年のことだ。
のことだから、紙も絵の具も上質のものではないが、百点ほど絵を描いている。
才能というほどではないが、わたしも小学校時代に、があるから、下手ではなかったのだろう。
学芸会で舞台に出て絵を描かせられたことわたしの娘は絵描きになっているし、もしわたしの仕事がすべて片づいて、余生を送れと言われたら、絵を描くことになるかもしれない。

教育が始まりました。

だがわたしは余生などというものは欲しくないし、最後まで忙しくしていたいと思う。
わたしは、人間は趣味を持つべきだという信念を持っているが、人は精神的に脆いと思っている。
精神科医としても、趣味のない父はあれだけ神経がピリピリしていて、精神的にまいりそうになるたびに立ち直って、七十二歳になるまで生きたのは、歌があったからだと思う。歌がなく、病院の経営者で、院長職だけだっらおそらくダウンしていただろう。
この頃、とくに中年層にうつ状態が大はやりだが、趣味を持たない人が圧倒的に多い。趣味のない人は、積極性がなく、心の余裕がないから、ストレスをうまくさばくことができないのである父親が最高のうれしさを味わう時は、子どもと酒をくみかわすことだと言われるが、わたしは子どもと趣味を通じて、共通の話題を持つ時だと思う。それも父親がむりやり子どもに自分と同じ趣味を押しつけるのではなくて、自然に子どもが自分と同じ趣味を持った時だと思う。
反対に自分があまり好まない趣味に走ったときは、深い淋しさと孤立感を味わうかも知れないが子どもが全く趣味がないよりまだましだと心に言いきかせるより仕方がないだろう。

 

中学生でもやっぱり嬉しそうな笑顔になります。

子育てに生きがいを感じてほしいのです。母子がいっまでも密着しすぎている

父母が、自分たちが趣味を持たないために、子どもの趣味に反発や嫉妬を感じ、子どもの趣味をとりあげ、押しつぶすこともままあることだ。趣味を半強制的にとりあげられた子どもが、ノイローゼになり、攻撃的な人間に変貌し、非行に走るという悲劇もあることである。
父母のエゴが子どもに悲劇をもたらしているのである。
-ジョークのひとつも言えるようになろう父親も、るために、だろうが、ベラベラしゃべる漫談家のようなタイプでは困るが、家庭の雰囲気を明るく、楽しくすジョークは必要である。ジョークのない家庭は暗くなりがちだ。疲れているせいもあるニコリともしない父親や母親がいるが、これはいちばん悪い状況だ。
日本語はジョークになりにくい言葉だが、たとえ駄ジャレでもいいから、はるかによい。

大学生二百八名ジョークこそ一家和合の潤滑油というべきであるブスッとしているよりジョークは簡単に出るものではない。たえず勉強していなくては出ないものだ。ある程度、社会的知識や常識がなければいいジョークは出ない。ジョークは、教養があってこそ面白いものが出るものだ駄ジャレでも、父親が言った場合、母親がすぐそれをけなしてはいけない。まあ、つまらない話をしてと馬鹿にするのがいちばんよくない。子どもは敏感だから、悪い影響がある。まあ七十点くらいねと言って調子を合わせる余裕が母親にもあっていいだろう。
基本的には、両親がうまが合っているということを、たとえ表面だけでも、子どもに見せなくて八ナなー。
ところが、ジョークはなかなか決定打が出るものではない。その一例をひとつ。
だいぶ前の話だが、
東銀座の地下鉄の入口を通った。
先生ご自身に伝えるなんて
先生ご自身に伝えるなんて

子どもも決して嫌な思いはしないでしょう。

母親に背中をさすらせたり足駅名にローマ字が書いてある。ちょっと見にも何となくヘンである。
よくみると
HIGAHIGINZAとSが抜けている。これでは、ヒガシギンザではなくてヒガヒギンザである。東京の中心の駅の駅名表示としては何たることか。恥ずかしい。ケシカラン。毎日何万という人が前を通って誰も気づかないのか。気づいても誰も注意しないのか。都会人のいやらしいエゴか。エゴの権化だ。ケシカラン、とプリプリしようと思ったけれども、待てよ、これは面白いぞとわたしの心にある発想がわいたその日の夕食のとき、わたしはその話を持ち出して、「東銀座つまり築地は江戸っ子の本場だから、これは実に見事なジョークだね」と言った。江戸っ子ことばはがひっくりかえる。新聞ヒンブンになる。朝日アサシとなる。だからヒガヒというのは大したジョークだ。わざとやったにちがいない。
こう一気にしゃべって、わたしは「おやじ、の言葉をわたしはひそかに期待した。

母性ならば

うまいゾ、面白いねえ、そのジョーク」
という家人誰もほめてくれず、残念だ。
ただ、つまらない、という顔が目の前にならんでいただけであった。
無念-父親は絶対に家庭でグチをこぼしてはいけない父親の権威を高めるためには、年寄りの協力も必要だ。年寄りからすれば、だから、ついいつまでも子ども扱いにする。これではいけない。
父親も自分の子ども人間はどうしても過去の栄光や華やかなりし頃のことを忘れられない。退役した人ほど威張り昔の栄光だけを強調して話すようになる。結局、それがグチになる。ジョークはプラスに作用するが、グチはマイナスでしかない。とくに女性はグチを言いやすくできているから心すべきであるグチは本人をあるていど満足させるが、他人にとっては不愉快そのものである。
父親はなおのこと、子どもの前でグチを言ってはいけない。本人はそれで気が済むかもしれないが、子どもの側からは哀れな父親としかうつらない。これは、父親の権威を失墜させることはなはだしいから、どうしても言いたければ子どもの見ていないところで言ってもらいたい。子供たちがぃてく


母子がいっまでも密着しすぎている サッカー日本代表ユニフォームは親が魅かれて買う 子どもの生活