子どもをもっと抱きしめてあげてください。

母親からするとまだまだ危なっかしくて仕方なく

そのなかから、商社の中間管理職で札幌に単身赴任していたAさんの大学受験を控えた長男との関係が悪化したのは、Aさんが休暇で帰宅した時のことだった。まずAさんは自分の部屋が無断で長男にあてがわれているのを知る。そして、些細なことから親子喧嘩になると、受験だからという理由で凄はAさんに我慢を説く。いつしか家の中の主導権は長男に握られていく。長男はたまに帰ってくる父親をバカにしだす。
父子関係が決定的に逆転したのは、札幌から東京勤務に戻った時だった。
がって、Aさんの部屋は明け渡されない。
長男は一浪电したある日、テレビのチャンネル争いから長男と取っ組み合いの喧嘩になった。そこへ凄が飛んできてAさんに自制を求める。そして手をついて謝れという長男に、Aさんは言われた通り謝って
しまった。
現在、Aさんは帰宅拒否症でクリニックに通院している。
クリニックの院長の説明によると、Aさんは温厚な性格で、なるべく丸く丸くおさめようという気持ちがあって、軽く謝ってしまったのではないかという。

子どもがどうしてこわがるそして、そのことで息子はますます増長し、父子関係は完全に逆転してしまった。
院長はAさんに荒療治として、息子との徹底的な殴り合いを勧めている。いくら殴られても、子が手をついて謝るまで断固として闘う。体力的にはかなわないが、最後までやめないことが、親の復権には必要だとしている。
息父また反対に、父親が厳格すぎても問題が起こる。
一九八○年、息子が両親を金属バットで殺害するという事件が起こった。このむごたらしい事件は、被告が浪人中の受験生であるのに対して、父親は雲の上の東大卒という一事だけでもおおよその察しがつく。すなわち、父親は完璧で一点も非のうちどころのないような存在として息子の前に立ちはだかっていた。おそらく、人間的なふれあいは皆無に近いほど少なかったのではないだろうか。

  • 育てたときの気持をもちつづければよいのである。
  • 幼稚園で遊んでいる
  • 小学校低学年のうちは丸つけをしたり音読を聞い

高校受験の時は七十

中学校が思春期の難しさを背負う義務こういう父親の前では、子どもは息がつまってしまうのだ。
父親には当然、父親としての威厳がなければならない。しかし、昔の修身の教科書に出てくるようなオヤジであってはいけない。威厳八割、人間味二割くらいが妥当なのではないか。
オヤジもやっぱり人間なんだと子どもが感じていれば、金属バット殺人事件も起こらなかったかもしれな父親の理想像というと、わたしは鮭のオスを思い出す。
精神病院協会の仕事で盛岡に行ったことがあった。盛岡の町には有名な北上川が流れていて、市内にはその北上川に合流する中津川という川が流れている。
川にのぼってくるのを見た。
私はその橋の上から鮭が産卵のためにご存知のように、鮭は溯河性の魚で、産卵の時期になると自分の生まれた川に戻る。

子育てにも大きな影響を持ってきます。上流まで川をのぼって行くそのとき、オスはメスにしっかり寄り添うようについている。男性が女性をエスコートしている姿だ。そして、メスが卵を生むと、オスはその卵に射精して受精させる。それが終わると、ほとんど死んでいく。
死が目前に待っているのに、鮭は傷つき、苦労をいとわず、子を生みに川をのぼる。
はとくに父親のあり方というものを教えられるような気がした。
この姿に私それは、男は黙ってすべきことをする。いざとなればよれよれになっても、家庭のために全力をふりしぼる。自分のその苦労が子には伝わらないことは百も承知だが、ひたすらすべきことをする。

大学の教授

天から命じられた自己の義務を果たす、ということである。
自然の摂理といえば自然の摂理以外の何ものでもないが、父親とはこのように厳しいものではないだろうか。わたしは父親の威厳とは、そういうものだと思っている。
子どもに尊敬される父親とは
-子どもの前で妻から立てられる父親に子どものしつけや行儀作法や食事の仕方などのマナーに関しては、わたしは女房任せであまり口出しはしない。女房のほうもわたしに口出ししてもらいたくないらしい。父親が口出ししなければならないときは、できるだけ口数を少なく重みをもたせたいということらしい。あまりペラペラ喋るより、ひと言ズバリと重みのある言葉を言えと女房はわたしに言っている。

子どもとふれ合う

母と同居しない家庭が多い。どうもそのほうらしだからわたしは子どもに箸の上げ下ろしまで干渉したり、口出ししたり、そういうことは家ではやらなかっう。ただ、他人様に迷惑をかけるようなことはするなとは、父親として言ってきた。これは父親の責任でもあるカ--たこまごまとしたマナーなど教えるのは、むしろ母親の責任においてやるべきだと思そうかといって、子どもにとって父親が雲の上の存在で手の届かない存在であってはいけないまた、触れればスパークしてヤケドするような存在であってもならない。


子どもがどうしてこわがる 高校くらいは卒業していないと困るといった考え方 母の女の生甲斐であった。